画像

歯の噛み合わせについて

画像
こちらは全ての歯がはえ揃っている状態です。バランスが保たれています。
画像
こちらは一本下の歯が抜けた状態です。 その抜けた部分の隙間を埋めようと上の歯は下に下がり 隣の歯は開いたスペースに倒れてきます。 すると噛み合わせが低くなり左右のバランスが悪くなります。

噛み合わせが悪くなると?


左右のバランスが崩れ、今度は頚椎がずれ、頭の位置が悪くなります、 頭の位置が悪くなると腰椎もずれてきます。

つまり、腰痛の原因になっているのは 噛み合わせの問題もあるのです。

咬合高径(噛み合わせの高さ)に影響を及ぼす因子

  1. 齲蝕(虫歯):実質欠損の大きいもの。鋭縁etc.
  2. 歯周病:動揺を伴うもの。etc.
  3. 不正咬合:傾斜、捻転、転位。その他位置異常をきたすもの。etc.

噛み合わせが低い例です。

治療法は?


その人が本来持つべき位置に噛み合わせを持っていきます。 ここでようやくテンプレートという装置の登場です!

このようなテンプレートを下顎にはめてもらい、歪みの矯正をして行きます。

噛み合わせが変わるとパワーアップ!


あるプロスポーツ選手の例です。

 
握力kg
背筋力kg
心拍数
ペダル50回/分
セット前
62
54
175
134

セット後

68
56
200
100

このように噛み合わせだけを変えるだけでも様々な効果が出ることがわかっています。

日頃、頭痛や肩凝りで悩んでいる方はもしかしたら、噛み合わせの問題かも知れませんよ。